脱毛のために情報収集!

私は親からの遺伝でかなり毛深い方です。幼い頃はあまり気にしていなかったのですが、小学校の頃、水泳の授業があった際に隣にいたクラスの男子から「お前、毛濃いな!」と言われてから初めて自分が毛深いことを自覚しました。その男子は特に意図せず言ったのだと思いますが、とても恥ずかしい思いをしました。

それから数年経ちますが、未だに毛深いままで、処理が大変面倒です。夏になると露出の高い服を着るので、毎日処理しなければなりません。その反動からか、冬場は服に隠れて見えないからと、脇や脚の毛の処理は甘めになってしまいます。

特に最近悩んでいることと言えば、背中の毛の処理が自分ではし辛いという事です。友人から以前、自分では気づかなかったうなじの毛深さを指摘されてから自分で処理をしようと試みたのですが、剃刀を背中に回して剃るのはかなり難しく、肌を傷つけてしまったり、剃り残しがあったりして仕上がりが残念な結果になったので、それ以降あまり背中は手をつけていません。ですが、首元の開いた服を着る際にはどうしてもうなじが見えてしまうので、暑くても髪を下ろして見えないようにしています。

毎日処理をしてもまた生えてくる毛にうんざりし、最近は脱毛を考えるようになりました。何回も通院を繰り返さなければなりませんし、費用もかなりの額になるとは思いますが、それでも、ツルツルで毛穴が一切ない肌は長年の憧れです。

一時期脱毛について調べたことがありますが、肌への悪影響が指摘されているとか、そもそも完全な脱毛はできないというような話を聞いたことがあります。真偽は定かではありませんが、もし永久脱毛に挑戦する日が来たら、安全が保障され、対費用効果が期待できる脱毛サロンと巡り会えるといいなと思います。

そのためにはしっかりと情報収集をする必要があると思います。例えば私の地元久留米市のこういったサイト(※脱毛久留米市)があるので、しっかり比較しながら検討したいと思います。

「カーテンコール」とは

「カーテンコール」は、2005年に公開された映画です。

昭和30年代から40年代にかけて、映画館に存在していた幕間芸人の人生を描いた映画です。

キャスト

橋本香織(雑誌編集者) – 伊藤歩
安川修平(映画館「みなと劇場」の幕間芸人) – (昭和30年代)藤井隆/(現在)井上尭之
安美里(修平の娘) – 鶴田真由
平川良江(修平の妻) – 奥貫薫
宋義徳(美里の夫) – 津田寛治
金田信哲(香織の同級生) – 橋龍吾
宮部絹代(「みなと劇場」売店の女性) – 藤村志保
橋本達也(香織の父) – 夏八木勲
少年 – 小清水一揮

スタッフ

原案:秋田光彦
音楽:藤原いくろう
撮影:坂江正明
美術:若松孝市
照明:守利賢一
録音:瀬川徹夫
編集:青山昌文
スクリプター:山下千鶴
助監督:山本亮
プロデューサー:臼井正明
監督:佐々部清

あらすじ

昭和30年代から40年代にかけての日本映画全盛の時代を背景に、映画館で幕間芸人として生きた一人の男とその家族の数奇な運命を描くヒューマン・ドラマ。

東京の出版社に契約記者として勤める橋本香織は、清純派女優のスキャンダルをスクープしたことをきっかけに福岡のタウン誌に異動を命じられる。

彼女の担当は読者から投稿された“懐かしマイブーム”を取材すること。送られてきたハガキの中に「昭和30年代の終わりから40年代中頃まで、下関の映画館“みなと劇場”で幕間芸人をしていた人を探して欲しい」というものだった。

さっそくその劇場に取材に向かった。

5年前に先代の支配人が亡くなり、まだ40代の支配人はちゃんとした記憶が残っていなかった。

そこでずっと働いている宮部絹代から、安川修平という幕間芸人の存在を聞かされる。

絹代の話に興味をかき立てられた香織は、さらに取材を進めていく…。