冠婚葬祭で気を付けること

冠婚葬祭で気を付けることは、冠婚葬祭のための、地味な服装にすることと、数珠を持っていくことと、パールをつけるようなことがあるならば、派手な感じではなく、じみめのものが好ましいと言えます。

結婚式に着ていく衣装は、花嫁さんより、目立たない服装が、好ましいと思います。花嫁さんより目立っていたら、主役が誰だか、分からなくなると思うからです。

服を購入するときには、冠婚葬祭の服が取り扱われている、青山<喪服青山>や、ハルヤマ等を使うと良いと思います。

もしくは、自分の気に入っている服屋で、冠婚葬祭の服がおいてあるのかを、店員さんに確かめてみるのも、よいのではないかと、私は、思っております。

また、誰から、見られても、おかしくないと思われるような、好印象を与えられるような服装をすることが、社会人として望ましいことだと、私は、思います。

この事を自分の子どもや、近所の子どもに伝えていけるような人になりたいと思っていますので、これからも、その場、その場にあった服装をすることができたら良いのではないかと、かんがえていけたらよいのでさないかなと思っているしだいであります。

これからも、みなさまのお手本になれるように、服装についての勉強もしていかなくては、ならないのかなと、まいにちのように、こころのなかに止めることが大事なのではないかと思います。

結婚式では、自分が結婚するときに、派手な衣装を着たら良いと思います。お葬式にあかのワンピースやドレスなどを来ていくこと事態が、どうかと思われるような気がします。

これは、社会人として、どうなのでしょうかと言うところだと、自分でも思っておりますので、自分の着る冠婚葬祭用の服には、非常に自信がありますので、大丈夫だと思っております。

やはり、社会人としての基本さえ、学ぶことができていたら、自分も恥ずかしくないとおといますし、他の人にも教えられるので、非常に喜ばれる行為だと思っています。